ブリッドが創る、走る歓び。

会社概要

進化し続けるスポーツシートのトップブランド、BRIDE(ブリッド)。
私たちは、1981年に設立した自動車レーシングスポーツを核としたスペシャルカーシートの専門メーカーです。 スポーツシートの新たな価値観の創造をビジョンとし、より快適で、より楽しく、より安全にドライビングするための 製品提供を目的としています。

お客様に満足していただくための、理想とするシートは、自分の体に合ったドライビングポジションをとることができ、 ホールド性・剛性に優れ、ロングドライブでも疲れない座り心地の良いシートです。 これは、モータースポーツでもストリートユースでも同じです。

多くのお客様のニーズに応えるためには、車種ごと・体型ごとに最適なセッティングをするための様々なバリエーションが 必要になります。今、ブリッドのシートアイテム数は300を超えています。そして、多様な取り付け方法を有する専用シートレールは 800車種以上にもなります。そのアイテム全てにおいて、メイド・イン・ジャパンにこだわってものづくりを行っているのです。

私たちは「お客様の満足」を第一の経営方針とし、お客様からの情報、要望を大切にしています。少数のお客様からの要望も真剣に受け止め、 できる限り商品化を進めていきます。もちろんこれらの製品のほぼ全てが日本国内の保安基準に適合しています。 モータースポーツで培われたブリッドのシートは、安全のための技術が結集されており、安心してお使いいただけます。 また、日本初のFIA公認取得をはじめ、ひとつのモデルが完成するまでのあいだに、様々な衝突事故をシミュレートした耐衝撃性能に 関連する厳しいテストを数多くクリアしています。これは、私たちブリッドが、「スポーツシートにとって、ドライバーやパッセンジャーを 安全に守る事が最も大切なことである」という考えに基づくものです。

一般のお客様だけでなく、ブリッドシートを選ぶモータースポーツ各カテゴリーのトップドライバー達からも様々な感想や要望が寄せられ、 この貴重な声を新たな製品開発のための重要なデータとして常にフィードバックさせています。また、私たちはモータースポーツだけに捉われず、 自動車を最高の趣味とし、ドライビングを心から愛する人々に対し、ブリッドのスポーツシートを通して夢を与え続けていきたいと考えています。

ブリッドが創る「走る歓び」

お客様に喜んでいただけるシート創り、これが私たちの使命なのです。

ブリッド株式会社 代表取締役社長
高瀬 嶺生
Mineo Takase
社名 ブリッド株式会社
住所 〒476-0015 愛知県東海市東海町1丁目11番1号 *「交通のご案内」はこちら
営業日 ■営業時間は、9:00~18:00になります。
お問い合わせTEL:052-689-2611(代) FAX:052-689-2612
E-Mail:info@bride-jp.com
SNS Facebook: 【http://www.facebook.com/bride.jp】
Twitter :【https://twitter.com/BRIDE_JAPAN】
認定・資格
一般社団法人 企業価値協会 認定企業

一般社団法人 日本自動車連盟加盟団体
・4月1日 「スポーツシートの日」
    制定:ブリッド株式会社
    認定:一般社団法人 日本記念日協会
関連リンク
NAPAC :【http://www.napac.jp/】


日本ソーイング技術研究協会 :【http://www.jstra.com/】


企業価値協会 :【http://www.valueprize.jp/】

会社沿革

 
1981
  • BRIDEブランドのスポーツシートを製造販売するブリッドCO.を設立
  • リクライニングモデルの原点「GT」発表
1982
  • よりスポーツ性を高めたリクライニングモデル「EX」発表
1983
  • ロゴマーク発表
1985
  • ロゴマーク入りグラデーション生地を全シートモデルに採用、発表
  • BRIDE初のレーシングリクライニングモデル「PRO」発表
1986
  • ネットレストスポーツバージョン「UNIシリーズ」発表
  • 競技用フルバケット「PRO-Rシリーズ」発表
  • 小型車にも装着可能にした「CAMシリーズ」発表
  • 高級本皮モデル「NOVA」発表
1988
  • レーシングリクライニングモデルPROを進化させた「PROSシリーズ」発表
1989
  • ブリッドCO.を業務拡大のため、ティーズ株式会社として法人化
1990
  • コンフォート重視のリクライニングシート「BASIS」発表
  • ベルトランフォール社(現フォルシア社)との協同開発によりスーパーローポジションのシートレールを開発
  • 「シートレールSタイプ」発表
  • サーキットを制覇するためのピュアレーシングモデル「ZETA」発表
1991
  • エルゴノミクスデザインのリクライニングシート「ERGO」発表
  • 競技で磨き上げた左右非対称フォルム「ARTIS」「ARTIS NAVI」発表
1992
  • サイドステーとシートレールを一体化した「シートレールVタイプ」発表
  • スーパースポーツリクライニングシート「BRIX」発表
1993
  • 「EURO」「BEEMO」「BEEMO AERO」発表
1994
  • 新次元のレーシングウエポン「VIOS」発表
  • 高性能ZETAをローショルダー化「AXIS」「LEOS」発表
  • BRIDEシート全てが車検対応となる
1995
  • ローバックシート「EXAS」、GTカースペック「ZIEG」、ヘッドガード装備の「GARDIS」発表
  • FIA公認のフルバケットシート「ZETAーZZR」発表
1996
  • FIA公認として世界初のヘッドガード付「GARDIS-ZZR」発表
  • 脱着式ヘッドガード装備のフルバケットシート「DINOS」発表
1997
  • 形状記憶ウレタンを採用したチューンナップパット発表
1998
  • 新たなるホールディングモンスターフルバケットシリーズ「ZETA2」、「ZETA2NEOS」、「ZIEG2」、「EXAS2」、「ARTIS2」、「ARTIS2NAVI」、「ZETA2 TypeS」、ZETA2 TypeL」、「DINOS2」、「MAXIS」、「ZEROS」発表
  • スーパーレボリューションモデル「REVS」発表
  • リクライニングシリーズレッドバージョン発表
1999
  • チューンナップパットシリーズ及びシートバックプロテクターにカーボンケブラー調の新カラー発表
2000
  • 従来の高剛性でローポジションなシートレールよりも、さらに軽量でローポジションを可能とした、競技専用のアジャスタブルシートステー(VFタイプ)を発表
  • スーパーアバンギャルドモデル「XAX」発表
2001
  • FIA公認のフルバケットシート全機種発表
  • ローポジションをより低くするためにレールの間にシート本体を落とし込む構造の「VG」発表
2002
  • リクライニングシリーズブラックロゴバージョン発表
2003
  • パイプフレーム構造のライトウェイトスポーツフルバケットシート「PROS」発表
  • 従来の製品と比べ、徹底的に高強度・高剛性された強靭な構造と造りのブリッド専用、新型シートレール、「ROタイプ」「MOタイプ」「Fシリーズ」発表
  • 全ての性能において、2シリーズを遥かに超え逞しく進化したフルバケット3シリーズ、 「ZETA3」、「ARTIS3」、「EXAS3」発表
  • ブリッドイズムの結晶とも呼べる、リクライニングシートの頂点とも呼べる、2シリーズ、 「BRIX2」、「ERGO2」発表
  • バケットシートをキャスター付チェアにする「マルチキャスター」を発表
  • ブリッド伝統のグラデーションカラーを発表
  • 「ARTIS3 NAVI」、「ZETA3 TypeL」、「ZETA3 TypeS」発表
2004
  • ERGO2を基本として、乗降性をより向上させたSUVモデル、「XAX2」発表
  • サーキットで闘うためだけに開発されたピュアレーシングシート、ホールディングモンスター「MAXIS3」&「GARDIS3」発表
  • リクライニングシリーズの、ドライビングスタイルに合わせた3つの最高峰モデルから、 エントリーシリーズから待望のレザーシリーズまで、10種類の豊富なカラーバリエーションが 追加発表
  • 5mm厚のアルミサイドステーを使用し、FIA規格に適合した、競技用軽量固定タイプシートステー 「FXタイプ」発表
  • 究極のスーパーローポジションシステム「ローマックスシステム」(特許出願中)のフルバケットシートと、専用シートレール「LFタイプ」発表
  • ZETA III FRP製がFIA公認
  • 待望のWORKS BLUE、リクライニングシート・フルバケットシート共に発表
  • 超軽量・高剛性の5mm厚のアルミサイドステーを標準採用した、フルバケット専用
  • シートレール「IGタイプ」発表
2005
  • ローマックスシリーズからのフルバケットシリーズ「ZIEG III」発表
  • ローマックスシリーズからリクライニング機構を搭載したフルバケットシート「GIAS」発表
  • シンプルなレーシングモデル「ZETA III SPORT」発表
  • ローマックスシリーズからリクライニング機構を搭載したフルバケットシート、GIASシリーズのNEWモデル「STRADIA」発表
  • シートレール新たに「RXタイプシートレール」「YOタイプシートレール」発表
2006
  • ブリッドのシンボルカラーであるグラデーションファブリックに耐久性のあるラバーマットをラミネートした高級フロアマットを発表
  • ロータス・エリーゼ/エキシージ専用専用設計モデル「ZODIA」発表
  • リクライニングニューエルゴノミクスデザイン「EURO2」発表
  • ローマックスシリーズ「GIAS」「STRADIA」のFRPバージョン、「GIAS SPORT」「STRADIA SPORT」発表
  • リクライニングシート「CUGA」発表
  • リクライニングシート「VORGA」発表
2007
  • 1000台限定、コストパフォーマンスの高いシンプルなレーシングモデル、フルバケットシート「VIOS3 SPORT」発表
  • レギュラーシリーズとして、グレードアップした新「VIOS3 SPORT」発表
2008
  • 100脚限定プレミアムシート発表
2009
  • ローマックスシリーズ「GIAS II」「STRADIA II」発表
  • BRIDE初のアームレスト付リクライニングシート「EURO2 CRUZ」発表
  • DIGOをハードに進化させた「DIGO type-R」発表
  • 高級スウェード生地仕様の無段階リクライナニングシート「STRADIA JAPAN」発表
2010
  • 製造子会社のBRIDE株式会社と統合し、「ブリッド株式会社」と社名変更
2011
  • 「MAXISⅢシリーズ」、「ZIEGⅢタイプRシリーズ」、「VIOSⅢシリーズ(スポーツCを除く)」、「VIOSⅢタイプR」、「ZETAⅢタイプLシリーズ」、「ZETAⅢタイプXLシリーズ」FIA規格公認取得
  • ZETAⅢ・タイプLの横幅を30ミリ拡大させたビッグサイズモデル「ZETAⅢ・タイプXL」発表
  • 身長の高いドライバーでも十分なヘッドクリアランスが確保される日産R35(GT-R)専用フルバケットシート向けスーパーローポジションレール「FTタイプ」発表
  • シートバック強度の向上とニューシェルカラー「クリアーブラック」を採用したスポーツシリーズの進化モデル「ZETAⅢスポーツC」、「EXASⅢスポーツC」、「VIOSⅢスポーツC」発表
  • フルバケットシートシリーズ全機種にスーパーアラミド製ブラックシェルのラインナップ発表
  • GIASⅡ、STRADIAⅡにスーパーアラミド製ブラックシェルのラインナップ発表
2012
  • 数量限定50脚 「ZETAⅢSPORT-C 限定レッド」発売
  • 「ファッションプロテクター」発表
  • EUROⅡの乗降性を格段に向上させた「EUROSTER」、「EUROSTER CRUZ」発売
  • STRADIAⅡSPORTをベースにスマートなラインとステッチでフルカバーした「STRADIAⅡREIMS」発表
  • VIOSⅢSPORT-Cをベースにスマートなラインとステッチでフルカバーした「VIOSⅢREIMS」発表
  • EUROⅡに新色「レッドBE」、「ブルーBE」を追加
2013
  • 話題の新素材プロテインレザーを採用した「EUROSTER PREMIUM」、「EUROSTER CRUZ PREMIUM」発表
  • edirbロゴマーク発表
  • 86/BRZ専用シートレール「YZタイプ」発表
  • ブリッドシートをキャスター付きチェアにする「マルチキャスター」発表
  • プレステージスポーツシート「edirb031」発表
2014
  • 「EUROSTERⅡ」、「EUROSTERⅡ CRUZ」発表
  • 「DIGOⅡ」、「DIGOⅡ Type-R」発表
  • 「DIGOⅡLIGHT」、「DIGOⅡ LIGHT CRUZ」「リアシートカバー」発表
  • 「シートベルトプロテクター」発表
  • 「クイックレバー」発表
2015
  • 「PROFACE」発表
  • DIGOⅡLIGHTが「日刊自動車新聞 用品大賞 2015 軽自動車部門賞」を受賞
  • 「edirb031」、「edirb042」、「edirb061」にFRPシルバーシェルのラインナップ発表
2016
  • スタジアム専用シートを開発し、ガンバ大阪の新ホームスタジアムである市立吹田サッカースタジアムに採用される
  • スポーツテレビ局・J SPORTSのMOTOR GAMESでブリッドの特集番組が放映される
  • スタジアムシートをジュビロ磐田のホームスタジアムであるヤマハスタジアムに採用される
2017
  • リクライニングシート「STREAMS」、「STREAMS CRUZ」発表
  • (株)童夢と業務提携、極限G対応のレーシングシート「HYPER」発表
  • スタジアム専用シートが松本山雅FCのホームスタジアムである長野県松本平広域公園総合球技場(アルウィン)に採用される
現在選択されている車種はありません。車種検索車種再選択選択解除x